就職が決まらないと嘆く前にできることをしよう

男性と女性
  1. ホーム
  2. 警備の仕事

警備の仕事

警備員

求められる人材

警備員は、建物や人を守る重要な仕事です。警備員にも様々な種類がありますが、基本的なのは施設やイベントなどでの警備と、交通警備です。特に施設やイベントなどの警備は、警備員がいるだけで防犯の効果がありますので、とても重要な役割となります。警備員が立っているだけで、安心感も生まれ人々の心に余裕も生まれます。このような警備員の仕事に就きたい場合は、情報誌などで探せば簡単に見つけることが出来ます。警備員は、人手が足りていない、ということが多いので、比較的採用されやすい、というメリットもあります。また健康で、18歳以上であれば、女性も採用してくれる場合があります。ただし女性が働く場合はほとんどが交通警備となります。また、年齢の上限も決まっていませんので、65歳程度であっても採用してくれることが多く、高齢者でも活躍することが出来ます。警備員として求められるのは、集中力と正義感です。警備の仕事は、ずっと黙って立っているということも多いため、だんだんと集中力が切れてしまうことがあります。しかし、勤務中であることを忘れず長時間集中力を保つことが出来るひとは、信頼もされますし、平和や治安も守ることが出来ます。また、不審者やトラブルはいつ起きるか分かりません。正義感を持って、人々やものを守るという使命を常に心に抱き続けられる人が、求められる人材と言えます。あてはまると思う場合、ぜひ警備員の仕事へ応募してみてはいかがでしょうか。