就職が決まらないと嘆く前にできることをしよう

男の人

携帯電話に詳しくなる仕事

スマホ

携帯ショップは、アルバイト時給の高さが魅力的な職場です。携帯電話の機能や契約プランなどを頭に入れ、正確に説明できるスキルが求められます。ただし商品知識は研修で覚えられるため、未経験者でも求人への応募は可能です。

貿易に関わる仕事

婦人

貿易事務は輸出、輸入の際に必要な事務手続きを行う仕事です。語学力やコミュニケーション能力、対応力などが求められる高いスキルを必要とする仕事です。しかし、その分やりがいのある人気の仕事でもあります。まずはアシスタント業から始めて、キャリアアップを狙うという方法もおすすめです。

確実に正社員となるために

履歴書

下積みの経験も

就職活動を一生懸命行っているのに、なかなか就職が決まらないという人がいます。自分の経験、スキル、得意分野に絞って応募するのに、一向に決まらないと悩む人も多いと言います。なぜ、就職が決まらないのか、基本的なことはハローワークで相談することができます。ハロワによっては、面接試験のアドバイザーなどを配置していて、具体的な助言を受けることができます。面接の時の態度や受け答えなどに問題がないか等、アドバイザーの指摘を受けることで改善できる点は幾つもあります。なかなか就職が決まらないと悩んでいた人が、アドバイスを受けた後で採用された事例もあります。しかし、就職が決まらないという問題は、個人の責任だけではありません。採用を考えている側は、様々な条件付けをしているので、それに合致しなければ採用されません。このような悩みの多くは、正社員を目指している人から出されます。パートや短時間労働では、あまり起こらない問題です。そこで、一つの裏技があります。いきなり正社員が無理なのであれば、非正規やパート社員から始めるという手があります。但し、正社員登用の機会が確実である企業を選ぶのが大事です。非正規で雇用した社員を積極的に正社員とする企業は結構あります。半年、時には1年ほど非正規で働くことになるかも知れませんが、確実に正規雇用の機会を得ることができます。非正規雇用の期間を下積みと捉えて働くのも、一つの選択と言えます。

警備の仕事

警備員

警備員に求められるのは、集中力を持続させる力と、正義感を持った人です。警備員は立っているだけでも防犯の効果がある重要な仕事です。しかし人手不足という反面もあり、仕事をする際には比較的採用されやすいというメリットもあります。